bazaar3.jpg

Still-Life (2019)
黄金町bazaar2019
photo by Ujin Matsuo

"Still-Life" is a series of paintings based on the image of 'a girl flowing in the river', which came to her in a sudden moment in her life in Koganecho. In Koganecho, many women worked in "the blue line area"where prostitution was illegal after the WWⅡ, but now that memory is fading.

The image of the girls floating in the river is painted on a transparent tablecloth. The images are reflected in the surface of the river water and, as human figures, leave the surface of the painting and drift down the river. At this moment, the girl/artwork as an object to be seen momentarily escapes the one-sided gaze, and at the same time returns from a singular image to an image with multiple layers.

Still-Lifeは黄金町の生活でのふとした瞬間に沸いた「川に少女が流れている」というイメージを基に制作された一連の絵画作品である。黄金町では戦後多くの女性たちが青線地帯で働いたが、今はその記憶は薄れてきている。川に浮かぶ少女たちのイメージは、透明なテーブルクロスに描かれている。そのイメージは川の水面に映り込むことで、人影として、絵画の表面から離れ、川を漂う。この時、見られる対象としての少女/作品は刹那的に一方的な眼差しから逃れると同時に、単一的なイメージから複数のレイヤーを持ったイメージへと回帰していく。

bazaar1.jpg
bazaar2.jpg